操体法 息・食・動・想のバランスと環境の大切さ。

操体法では、息(呼吸)、食(飲食)、動(運動・身体動作)、想(精神活動)が、互いに関連しあい、かつ補いあって心身のバランスを保っているという『同時相関相補連動性』という考えを大切にしています。そして、環境の影響も関わっています。

 

健康を考える時は、この息食動想という誰も変わってくれない自己責任行動を変えてきくことも必要になります。

 

参考までにご紹介してみますので、よかったらご覧ください。

操体法 息(呼吸)について

息をすることは、普段ほとんど意識しませんよね。意識していなくても止まってしまうことはありませんし、寝ている間にも呼吸が続けられています。

 

生命維持機能があるからこそ、意識して動かさなくても呼吸出来ています。

 

そして、呼吸は自律神経との関わるので、呼吸が浅くて早いときは交感神経(緊張状態)が優位になって、心も体も緊張した状態が続きます。この状態だと抹消血管が収縮し、血行不良が起こったり、体が硬くなって精神的にもイライラしたり、不安になったりします。

 

これが続くと自然治癒力や自己調整力も上手く使えません。身体の機能的にも上手く働かないんです。

 

そんな時は、深くゆったりとした呼吸をして、自律神経の副交感神経(リラックス状態)が優位になるようにしていくと、身体も心もリラックスした状態になっていきます。

 

深くゆったりと複式呼吸での深呼吸を心がけると身体も心も楽になっていきます。

 

操体法 食(食事)について

食事はとても大切ですよね。私たちの細胞は食べ物でできています。栄養のバランスのとれた食事が理想的とわかってはいるけれど、では具体的にどのようなことに注意すればいいのでしょうか。ここでは、人間の歯の数から理想的な食事について考えてみたいと思います。

 

歯は全部で通常28本あります。まず前歯。薄くて平たい前歯は上下で8本あります。これは、野菜を食べるためのものです。次に犬歯。鋭く尖った形の犬歯は、上下で4本あります。肉類を噛むのに適しています。そして臼歯。全部で16本あります。これは、雑穀類、堅果を噛むのに向いています。

 

この歯の比率から考えると、理想的な食事の内容は、野菜:肉:雑穀類=2:1:4ということです。肉(魚を含む)を食べたらその倍の野菜を食べる、また、野菜の倍の穀類を食べるということになります。

 

しかし現在の食生活では、糖質が過剰になりやすい。そうなると穀類の量もちょっと変わってきます。現代食べている穀類としては白米や小麦粉が多いと思います。これらは炭水化物で糖質+食物繊維からなっています。糖質を過剰に摂っていて、さらにご飯やパンを多く摂るとさらに糖質を摂取することになるので、そこを少し気を付けてみて下さい。

 

そして、旬のものをよく噛んで、唾液をたくさん出すことが大切です。一口最低でも20回くらいは咀嚼するように心がけてみてください。よく噛むことによって脳が活性化されたり胃腸の負担も減らすことが出来ます。

 

操体法 動(運動・身体動作)について

身体を楽にしていく身体動作(身体の使い方)があります。それは、『快適な感覚』の伴う身体の使い方。これが身体にとって無理のない自然な使い方なんです。
逆に不自然な身体の使い方を続けていると、身体は歪みを作って対応しようとしていきます。
それでも不自然な身体の使い方を続けていくと、歪み⇒痛み⇒機能障害⇒病気と進んでいくようになります。

 

そして、人間も動物。身体を動かしていかないと循環が悪くなります。気持ちよく身体を動かすことが、健康にとても重要なことになるんです。

 

健康のことを考えるなら、ハードな運動をしなくても気持ちよく身体を動かせることを増やしてみてください。

 

操体法 想(精神活動)について

想というとちょっと難しく感じますが、いわゆる思考や感情との付き合い方です。

 

普段の頭を使い過ぎて思考が止まらない時は身体を動かしてみたり、無理にポジティブばかりを見続けなくて大丈夫なので、ただただ自分が今どう感じているのかということ知っていくことが大切です。

 

そして、自分を肯定してあげる言葉などを自分にかけてあげてください。自分責めや自己否定をしている時は、意識的にやめてあげてくださいね。

 

操体法 環境について

環境には、自然環境、社会環境、家庭環境など様々な環境があります。自然や社会の環境はなかなか自分では変えられませんが、時には快適な環境に移動することも大切です。

 

一方、家庭の環境など、ごく身近な環境であれば自ら変えていくことはできないことではありません。積極的に快適な環境を創り上げることも大事なことです。

 

人間関係というのも大切な環境の一つ。どんな人と関わるかもすごく重要です。気分の明るくなる楽しい関係との接点を増やしてみることもいいんじゃないでしょうか。

 

以上、健康の秘訣として息・食・動・想(そく・しょく・どう・そう)と環境について書いてみました。

 

これらは誰も変わってくれないことで、自己責任でやっていくことなんです。ただ、完璧を求めなくて大丈夫です。60点くらいを目指すと、いい塩梅のバランスになります。

 

だからこそ、60点で合格。この言葉を覚えておいてください。十分間に合うように人間は設計されていますから。

 

自然の法則と調和する健康法で、あなたも楽〜に元気になっていってください。気になる方はサポートさせて頂きます。

 

万病を治せる妙療法―操体法 (健康双書ワイド版)

 

楽しくわかる操体法

 

写真 図解 操体法の実際 (健康双書ワイド版)

TOPへ