自律神経とはA「ポリヴェーガル理論」?

整体癒し処ゆうひでは、「ポリヴェーガル理論」の考えを基に自律神経のことを考えています。

 

従来の一般的な自律神経の考えであれば、「交感神経(緊張)」と「副交感神経(リラックス)」の2つの神経で成り立っているとされていますが、アメリカのイリノイ大学で精神医学名誉教授を務める、スティーブン・W・ポージェス博士が副交感神経(リラックス)が2つに分けられるという発見をしました。

 

つまり自律神経は、「交感神経」と「副交感神経1」と「副交感神経2」の3つの神経で成り立っていることを発見したということです。

 

 

これまでは、整体の臨床の場でどこか腑に落ちていなかったところがあったのですが、この理論を知った時に腑に落ちていなかったところが繋がり、理解も深まりました。

 

この理論を知っておくだけでも自律神経について、そしてご自身の体調について善いヒントになると思います。簡単にですが説明していきます。少しだけお付き合いください。

 

 

交感神経について

日中、身体を動かしたり活動したり、興奮や緊張によって強く働きます。『逃走・闘争モード』と言われ、アクセルを踏んでいるような状態です。

 

通常は危険を察知したときに、心臓への血流量を増やし、その場から逃げたり・戦えるような体の状態にする神経です。

 

2つの副交感神経について

ポリヴェーガル理論では副交感神経は2つに分け、副交感神経の主な構成要素である迷走神経に焦点を当てています。

 

1.背側迷走神経(休息・消化)

背側迷走神経とは、主に一人で休息・リラックスするときに働く神経。

 

自律神経副交感神経1

 

背側迷走神経は2つモードがあります。時によって働きが変わります。

 

通常は「休息・消化」するときの神経なのですが、うまく自律神経の調整ができない人やあまりにも圧倒的な危機の状態に陥ると、交感神経(逃走・闘争)を超え、神経が高ぶり過ぎて防衛反応として「シャットダウン」状態を起こす神経でもあります。

 

※爬虫類などが危険を察知して固まるのと同じ

 

  1. 通常は一人で「休息・回復・消化」のモード
  2. 緊急事態では交感神経で対応できなくなった時の最終手段「シャットダウン(凍りつき)」

 

生まれながらにして持っている副交感神経

 

2.腹側迷走神経(人とのつながり)

腹側迷走神経とは、他者と安心して心地よく過ごすときに働く神経。

 

自律神経副交感神経2

 

もっとも自律神経のバランスとしてマイルドで良い状態。この腹側迷走神経がしっかりと機能している人(発達している人)は、自律神経の調整力がしっかりとしています。

 

緊張しすぎたり、万が一「シャットダウン」状態になったとしても、また安心できる副交感神経に戻ってこれます。

 

生まれながらに持っているものではなく、育成の過程で発達していくもの

 

 

ポリヴェーガル理論的な自律神経について

入間市整体自律神経について

 

ポリヴェーガル理論では、腹側迷走神経(つながり)が優位になっているときは、交感神経と背側迷走神経(休息)の自律神経バランスがいい塩梅となっていて「健康」をもたらすよう機能します。

 

腹側迷走神経(つながり)がうまく働かない状態だと、「健康」ではなく「防衛」のための自律神経の働きが起こります。

 

「防衛」には、交感神経が優位に働き「逃走・闘争」を促す反応交感神経が働きを抑制し背側迷走神経が急激に優位になり「シャットダウン」を起こす反応があります。(草食動物が捕食される時に起こる死んだフリ)

 

身体に不調や精神的に不安が訪れやすくなる理由

入間市整体自律神経失調症

 

身体がに不調が出たり、不安が訪れやすくなる理由としては、腹側迷走神経が上手く働かないことによる防衛反応や防衛適応などが大きな原因と考えられます。

 

神経の基盤(一人で落ち着ける、誰かといて安心できる神経の調整力)が形成されていないと、自律神経のバランスがうまく取れず、防衛側の反応が起こりやすくなります。

 

自律神経失調症や自律神経系のお悩み(症状)の原因もここにあると考えています。

 

自律神経の不調を改善させていくには

神経の基盤を作ること。そして、防衛反応だと認識すること。これが大切になります。

 

防衛反応だと認識するためには、ある程度神経の基盤ができていないと難しいので、まずは神経の基盤を作ることが第一のステップ。

 

神経の基盤を作るには、身体のケア(ボディーからのアプローチ:施術や栄養、身体の使い方を変えるなど)がお勧めです。※詳しいことはまた他のページで解説します。(現在作成中。もうしばらくお待ちください)

 

 

このページでは、簡単なところにはなりますがポリヴェーガル理論について説明させていただきました。当院では、このポリヴェーガル理論の考えを基に自律神経を整えるセッション(施術)や自律神経を育てていく(神経の基盤を作る)セルフケアをお伝えしています。

 

 

≪参考図書≫
■不安・イライラがスッと消え去る「安心のタネ」の育て方 ポリヴェーガル理論の第一人者が教える47のコツ (大和出版) :著 浅井咲子

 

■ポリヴェーガル理論入門 心身に変革をおこす「安全」と「絆」 :著 ステファン W ポージェス

【場所】整体癒し処ゆうひ(専用の駐車場有)
住所:埼玉県入間市小谷田506-1
小谷田バス停から徒歩2分(西武池袋線の入間市駅からバス約13分)
※駐車場もございますので、安心してお車でお越しください

※周辺施設(時間Googleマップ参考)

 

三井アウトレットパーク 入間(車:10分)
ドン・キホーテ 入間店(徒歩:10分・車:5分)
ラウンドワンスタジアム 入間店(徒歩:10分・車:5分)
駐車場:砂利駐車場2台以上あり(院名プレート付)

 

【営業日程】
≪定休日≫日曜・水曜
≪営業時間≫
月曜:9〜15時(最終14時)
火・木〜土曜:9〜17時(最終16時)
TOPへ