自然と調和することで身体と心が元氣になる整体療法!

操体法(そうたいほう)とは、仙台の医師:橋本敬三先生が様々な民間療法からの良い所取りをしていき体系づけられた自然療法です。

 

『快適な感覚を味わうと身体が楽になる』という自然の法則を基に身体を整えていくこと整体施術や息食動想という自己責任行動など、より本質的な健康を目指す健康の哲学でもあります。

 

その人の快適な感覚を大切にする

操体法で重要なのは、『身体の感覚』です。そして、『快適な感覚』です。

 

快適な感覚というのは、『心地よい、気持ちいい、楽』といった感覚。
その人にしかわからない内部感覚ですので、答えはその人の中にしかありませんので本人以外はわかりません。

 

そして、快適な感覚があれば、不快な感覚もありますよね。

 

操体では、その不快なことを味わっていると、
歪み⇒痛み⇒機能障害⇒病気』という順で身体の不調が進むと考えます。

 

そして逆に、快適な感覚を味わっていると、
『歪みが整う⇒痛みが消失⇒機能回復⇒病気が治る(病気によっては治りにくいものもあります)』という順で治癒していきます。

 

 

ですので、操体法では『快適な感覚』を大切にしています。

 

 

例えば、ストレスフルな毎日で過ごしていると体調がおかしくなるのは想像つくと思います。あと、辛い姿勢を長時間続けていると腰を痛めることも想像つくと思うんです。

 

これもシンプルではありますが、『不快な感覚』を味わっていることで起きていること。誰でも経験していることでもあるし、すぐ理解できるはずです。

 

 

治癒は単純に逆のルートを通ります。

 

ストレスフルな環境から離れ長期間心の休まる環境で過ごしていると元気になるのは想像つきますよね。その都度、腰を伸ばしたり、楽な姿勢で作業をしていたら腰への負担もかからないのはわかりますよね。

 

操体は、そんな極々自然な治癒のプロセスや原理原則を基に、健康を見ていくとてもシンプルで本質的な健康法と言えるのです。

 

整体施術もシンプルに『快適な感覚』を味わうこと!

操体の施術も『快適な感覚を味わうと身体が楽になる』という原理原則の基進めています。

 

顔を右に向けると痛くて、左を向くと楽・気持ちいいという時は、左を向く動作をじっくりと丁寧に味わいながら行います。すると、身体の自己調整力が働いて、元のバランスに戻ろうとしていきます。

 

結果的に、歪みのバランスが戻っていき、痛みが減少していきます。その整ったバランスを保って生活していると、結果的に身体の不調が改善していきます。

 

文章で読むと「これだけ?」と思うかもしれませんが、そこにはいくつものコツがあります。少しご紹介します。

 

ゆっくり丁寧に動くこと

動きはとても丁寧な動きです。今想像している以上にゆっくりと丁寧に動きます。よくお伝えするのは1秒1ミリ位のスピードで動いてみてくださいということ。

 

初めての方は大体できませんが、サポートしながらやってもらうと感覚がわかってきます。

 

治すのは身体の力だと知ること

身体が回復・治癒するときは、身体に備わっている自然治癒力や自己調整力が働くことで進みます。

 

いくら外から押したり、矯正してもらっても、最後は身体の力がなくては治りようがありません。操体は特に、身体の邪魔をしないように少ない刺激で行っていきます。この少ない刺激がとても大切なポイントです。

 

快適な感覚を感じていく

もっとも大切なのは、この『快適な感覚』。こればかりは本人にしかわからないものなのですが、自己流でやってみると、あまり味わえなかったりします。初めのうちはサポートしながら、この快適な感覚を見つけていくといいかもしれません。

 

思っている以上に薄味の感覚ですので、人によってはわかりにくく少しずつ分かってくる感覚かもしれません。

 

単に楽な方に動かすのではなく、このようなコツを意識して『快感覚』を味わう(脳に伝える)ことで、身体が治癒へと向かいます。脳へ伝えて、脳から身体へフィードバックされて身体の力として治癒を促す整体だからこそ、本質的な健康へと繋がっていきます。

 

そして、『息(呼吸)、食(飲食)、動(身体動作)、想(精神活動)』という生活習慣と繋がるポイントを見つめなおしていくことで、より本質的で幸せな健康を手に入れられますよ。

 

≪息、食、動、想についてはこちら≫

↓↓↓

操体法とは記事一覧

操体法では、息(呼吸)、食(飲食)、動(運動・身体動作)、想(精神活動)が、互いに関連しあい、かつ補いあって心身のバランスを保っているという『同時相関相補連動性』という考えを大切にしています。そして、環境の影響も関わっています。健康を考える時は、この息食動想という誰も変わってくれない自己責任行動を変えてきくことも必要になります。参考までにご紹介してみますので、よかったらご覧ください。操体法 息(呼...

TOPへ