プロフィール

入間市の整体癒し処ゆうひ『佐藤知幸』の自己紹介

埼玉県入間市の整体癒し処ゆうひ代表佐藤知幸
はじめまして、佐藤知幸です。周りからはとっちゃんやとも先生と呼ばれています。

 

このページでは、まだ佐藤知幸のことを知らない方も多いと思うので、自己紹介をしたいと思います(^ ^)

 

現在の活動

現在の活動は整体師整体院『整体癒し処ゆうひ』を埼玉県入間市小谷田で開業し、整体セッションやリラックスが上手くなる教室などを中心に、頑張り屋さんの体と心サポートをしています。

 

今は整体院さんやボディーワークを行う方が沢山いますが、他との違いとして、”体と心の両方”を大切にしていることと、症状と戦わないで、症状は本当の自分からのメッセージとして受け取ってみるという所です。

 

クライアント様は、女性の方が多く頑張り屋さん繊細気質で人の為を思う優しい方もとても多いです。

 

繊細気質や優しさゆえの生きづらさを抱えているという方も多いので、そのような方のサポートをしています。

 

かれこれ開業9年目に入り、一般的な整体院とは異なり肉体面だけでなく、精神面も含め、お一人おひとりと長く関わらせて頂いています。

 

 

整体セッションを受けた方達の変化としては、

 

1年以上めまいやパニックで仕事が出来なくて悩んでいたのが、半年ほどで好きな仕事を始められた

 

2年以上原因不明の体調不良で家事も出来ず寝込むことが多かったのが、3カ月後に普通の生活が出来るようになった

 

半年ほど前から自律神経失調症で聴覚過敏で外出することが辛かったのが、1カ月ほどであまり気にならずに外に出れるようになった
(変化には個人差があります)

 

ゆうひのクライアントさんたちですとか、肉体面の変化以外にも、

 

○自分に優しくできるようになってきた
○自分を信じることができるようになってきた
○整体セッションなのに、彼氏が出来て、結婚も出来た!(笑)

 

という精神面の変化や思ってもみなかった日常の変化を喜んでいる方も多いです。

 

 

父親としても奮闘中!

整体癒し処ゆうひ子供たちプライベートな所では、私には中学1年と小学6年の二人の息子たちがいます。子供たちは大きくなり、前ほど遊ぶということは減ってきました。ですが、今でも時間が合えば公園に散歩に行ったり、体を動かし遊びに行きます。

 

出来る限り、家族との触れ合う時間、一緒の時間を楽しむことを大切にしたいと思い日々過ごしています。

 

しかし、今でこそこんな風に過ごしている私ですが、、

今は仕事をしたり、家庭と楽しむ時間を過ごせている私ですが、以前は苦しく辛い日々を過ごしていた1人です。

 

いつも焦っていて、なにかに追われている。一人で解決しなきゃという思いも強くて、無意識に自分で自分を追い込んで生きづらさを感じる毎日を過ごしていました。

 

体も壊しやすくて、心も浮き沈みが多く、うつ病になったこともありました。

 

 

当時は本当に辛かったです。「父親としても、人としても弱すぎて、なんてダメな人なんだ」と、自分で自分をいつも責めてしまって、何度も人生の終わりを考えていた時もあります。

 

だけど、家族や様々な人とのご縁があって、自分の心や体と向き合うことができて、みんなのお蔭で人生を諦めずに生きている今の自分があると思っています。

 

私は、元々要領良く生きられるタイプではありません。

 

だからこそ、自分だけでは行き詰ってしまうし、何度もトライ&エラーを繰り返しながら、ゆっくりでも一歩一歩進んでいくしかない人だと思うんです。

 

そんな経験から学んだ、“体調に不調がある時こそ、体と心、そして自分を大切にすることが重要になる”ということを私なりに伝えたい!その想いから、自分の心身と人生の転機きになった『整体』というお仕事をしています。

 

これまで資格や勉強してきたこと
  • 仙台操体医学院認定操体師
  • EFTプラクティショナー
  • 多次元操体法基礎講座3期生卒
  • 埼玉県操体法講習会受講
  • HSP未来ラボHSPメッセンジャー
  • 直傳靈氣
  • 心屋塾初級・上級セミナー受講
  • 小池術 経営・繁栄術講座受講
  • 総合手技療法師
  • 足ツボ反射療法師
  • 製菓衛生師(菓子の国家資格)

 

講座開催|入間市整体癒し処ゆうひ

 

整体セッション以外にも、

  • リラックス教室や各種講座を院内外で通算50回以上開催
  • 幼稚園で50人規模のママさん向けワークショップ開催
  • 100人規模の講演会でWS開催

などの講師活動も行っています。

 

こんな私が体と心のサポートをさせて頂きます。宜しくお願い致します!

 

※もう少し詳しく書いた自己紹介もあります。よかったらご覧ください。

 

↓詳しい自己紹介はこちら↓

子供の頃から体が弱く、神経質で考え込みやすい人でした。

整体癒し処ゆうひ院長佐藤知幸実は、私は子供の頃から生きづらさを感じていた子供でした。喘息や過敏性腸症候群、些細なことも気にしすぎ・考えすぎで、母親からは『神経質な子供』だとよく言われていました。

 

地元の夕陽私の記憶にある一番最初の不調は、5歳くらいの喘息です。入院していたので、その当時のことは今でも記憶に残っています。

 

あとはよく頭痛にもなっていました。小学生になり、ストレスを感じることが増えていったんでしょうね。休みの日は、激しい頭痛で悶えながら、目の前がフラッシュの光を見た後のようになって、寝込むこともよくありました。

 

他にも学校に行く前やテスト前、部活(野球)の試合前がある時は、いつもトイレにこもって出られなくなることがほとんどで、精神的にも追い込まれやすくて、そういう時に体に不調がよく出ていた子供でした。

 

自分の気持ちを飲み込み、大人しくてイイ子とよく言われていた

子供の頃は特に外に出ると言葉を発しなくなる子供で、出来る限りイイ子でいなきゃと思っていて、いつも人の前ではニコニコしてることが多かったです。

 

意思表示もあまりせず、お菓子をもらえるという時でも、他の人が好きなのを取るのを待ってから余ったものをもらうような子でした。

 

「大人しくてイイ子」
「真面目で優等生」
「優しくてクール」

 

そんなことを言われることが多かったですが、私本人としてはそれを言われることに苦痛を感じていたし、息苦しさも感じていました。

 

子供ながらに、周りのイメージを壊しちゃいけないと思っていたから、どうにかしてイイ子でいようと頑張っていたんです。

 

だけど、自分の気持ちや感情を押し殺して生活しているので、家の中でたまに激しく怒ったり、爆発することもありました。

 

よく親からは『二重人格みたいに変わるよね』と言われ、私自身爆発してしまう自分をおかしな人だと思って、普段の押し殺して生活している自分も、爆発する自分も、どっちもダメな自分だと責めることも増えていきました。

 

段々と自分の存在全部を否定するようになっていき、精神的にもストレスを溜め込むことが多かったです。

 

中学時代は不登校で闇の時代を過ごす

中学生になり、初めのうちは新しい友達が出来て、楽しかった思い出もあります。

 

ただ、新しい環境というのもすごく苦手で、ストレスもより多く感じていたんだと思います。やっぱりトイレにこもることも、頭痛になることもよくありました。

 

そして、小学から大好きだった野球部に入ったことが、私の中学生活を大きく変えました。

 

怖い監督で有名で、ケツバットも普通にしているような人でした。その光景が怖すぎて、当時の私は命の危険を感じるほどだったんです。

 

半年ほど何とか続けてはいたけど、ある時に喘息になり休みがちになりました。監督に休みの許可をもらうために、毎日言いに行かなくてならないのが苦痛で、そのうち学校自体も行けなくなりました。不登校になりました。

 

整体癒し処ゆうひ不登校

この時も「みんなは学校に普通に行っているのに、なんでその普通のことも出来ないんだよ。自分はおかしいんだ」と責める毎日で、布団の中で泣いて過ごしていたのを覚えています。

 

精神的にも追い込まれ、朝も全然起きれなくて、どんどん暗くなっていって、親とも全然会話もしないような日がほとんどでした。

 

この当時本当に辛かったです。

 

社会人になって5年目。自律神経の症状に悩まされ、うつ病と診断される

中学では、先生や友達のお蔭で卒業でき、地元の高校に通うことが出来ました。

 

高校では1日も休むことなく、悩みはゼロではないけど、楽しく充実した高校生活だったと思います。

 

ただ、もう心配させないようにと、知らないうちに力は入っていたと思います。

 

だからこそ、早く親の負担をなくしたくて、卒業後は地元の青森を離れ、埼玉県内のお菓子屋に就職しました。

 

新しい環境で知らない人しかいないという環境。やはりストレスは沢山ありましたが、それなりに楽しく仕事をしていました。

 

そして時間が経つにつれ、私の性格は変わっていませんから、

 

「大人しくてイイ子」
「真面目で優等生」
「優しくてクール」

 

というイメージを守ろうとしたり、

 

「他の人に迷惑かけないようにしないと」
「1人で悩みは解決しないと」
「もっともっと頑張らなきゃ」

 

悪いことではないだろうけど、そんな風に思って自分を追い込むことが増えていきました。

 

4年目〜5年目になり、当時はもう結婚もしていて子供もいた頃、段々と体調を崩すことが増えていきました。

 

 

慢性的な頭痛、めまい、耳鳴り、冷え、立ち眩み、瞼の痙攣、原因不明の発熱、下痢と便秘の繰り返し、動悸、息切れ、だるさ、睡眠障害、体重の過剰な減少:1週間で6kg減、アレルギー症状、喘息、焦点が定まらない、ぎっくり腰、4・5番の腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、股関節痛、首の痛み、胸部出口症候群、肩の痛み・慢性のコリ、皮膚のかぶれ、その他不定愁訴などの色んな症状が出てきて、休日は病院通いで終わることがほとんど。

 

 

血液検査やMRI、CT、胃カメラなど、検査の予約も毎週あり、時間があれば『治してくれる病院がないか』と検索ばかりしてました。20代前半にして、診察券も山のようにありました。

 

それと同時に精神的にも落ち込むことが増え、イライラも増え、朝のトイレにいる時に涙が止まらなくなることもあったり、いつしか死ぬことばかりを考えるようになっていったんです。

 

 

今だからこそ「もっと肩の力を抜いて、ほどほどで仕事してもいいのに。そんなに頑張らなくてもいいのに。」と思いますが、当時の私は出来ませんでした。

 

肩の力を抜いて、ほどほどで仕事をすることが許せなかったし、まだまだ頑張りが足りないとも思っていたから。

 

当たり前かもしれませんが限界がやってきます。ある日の朝、私は仕事に行けなくなりました。

 

うつ病と診断されたのがこの時です。(子供たちは2歳と0歳。父親としてもこれからもっと頑張らなきゃという時でした)

時間はかかったけど、色んな人のお蔭で抜け出せた経験

うつ病になって以降、色んなことが出来なくなりました。

 

頑張れなくなってしまった。

 

親として、人として、このままじゃいけないとわかっていても、体も動かないし、心もついてこない。

 

 

早く治さないといけないのに、全然よくなる気もしないし、未来も想像できない。希望もない。そんな状態でした。

 

頑張らなきゃいけないと思うけれど、先の見えないこの状況に、投げやりな自分になっていたと思います。

 

 

今思うと、この時期はじっくり休んだ方がいい時だったと思うのですが、そんな心の余裕もなく、家にいるからこそ子供たちや奥さんが常に近くにいて、それを感じては、

 

仕事もできない。うつ病になる。なんてダメな父親だ。ダメな旦那だ。ダメな人なんだ。

 

そんな風に思ってしまって家にいることも辛かったから、心から休むということも出来ませんでした。葛藤の中にいました。

 

そんな中、操体法という整体と師匠に出会った

整体癒し処ゆうひ操体法の師匠人に相談することも苦手で出来ない、こんなにも弱っているのに1人で解決しようとまだ頑張り続けている。外から見ればよくわかるけど、当時の自分からは全然見えていませんでした。

 

 

そんな時、仕事をやめてから始めたことがありました。それが整体です。

 

 

子供の頃から体が弱かったし、仕事をやめる前に体調のことで悩んでいたけど病院では治らなかったから、今度は自分でどうにかしようと思って(良くも悪くも自分でどうにかしようと)、健康のことを学ぼうと整体学校に通い始めていました。(人と会うことのリハビリも兼ねて)

 

初めのうちは、どちらかというと自分の健康の為に始めたし、自分の為で精一杯でした。

 

 

だから整体の学校とは別で、自分のケアも兼ねてとある整体をやっている整体院にも通っていました。

 

その整体院でやっていたのが、現在私がメインで活用している操体法(そうたいほう)という整体です。

 

この操体法との出会いが、私の人生の転機になったと思っています。そして、この整体院の先生(師匠)との出会いも。

 

健康や体の症状、心のことへのイメージがガラッと変わった話

これまで、うつ病も体の不調も一生懸命治そうと頑張ってきたけど、操体法と出会うことで体の不調や心もことへのイメージがガラッと変わりました。

 

そこの整体院の先生から教えてもらったことは、今までの自分の考えを変える大きなキッカケになりました。

 

それからです。私の体調や心の状態が楽になっていったのは。

 

 

そこで教えてもらったのは、

 

体の症状や痛み歪みは、自分を守る為に出しているんだよ。

 

今ともゆきさんは、うつ病や体の辛さで悩んでいるでしょ。それもね、最初はともゆきさんを守る為に身体が出してくれたものなんだよ。

 

前の職場で、いっぱい頑張ってきたよね。自分を追い込んでまで、苦しくても、逃げないでやってきたよね。本当によくやってきたよね。

 

でも、ともゆきさん、辛かったんだよね。無理してきたんだよね。それはともゆきさんも感じていたでしょ?それでも当時のともゆきさんはどうしたらいいかわからなくて、苦しかったんだよね。

 

だから、『体さん』が代わりその場から離そうとする為に症状を出したり、「もう限界だよ。頑張りすぎてるよ。本当はそこに居たくないんでしょ」と、心の声にも気づかせようとしてたんだよね。

 

体は、ともゆきさんのことを守ろうとしてたんだよね。

 

こんなことを話してくれました。

 

今までそんな風に考えたことはなかったけど、話を聞いていたら思い当たることはどこかにあって、心から納得することが出来ました。

 

守ってくれていたんだと思えた時、涙が出てきて、体への感謝の気持ちが湧いて、自分に対して「ごめん」という想いも溢れてきました。

 

体の問題を体だけで考えていた時は、症状は悪者でしかないと思っていたし、なんで私の邪魔をするんだ!と思っていました。

 

だけどそうじゃなくて、体の症状って身体の声であり、その人の心の声でもあって、「今のあなたがどうしたいと思っているか」を気づかせようとするメッセージでもあるんだなって知ることができたんです。

 

そんな経験があって、もしかすると自分の体の声や心の声を聞いていくことが、今の私にとって必要なことなんじゃないかな?と思うようになりました。

 

子供の頃から自分を押し殺して、基本的に自分を追い込んで責めることばかりしてきた私にとって、身体や心を通して自分の声を聞くことは初体験に近かったです。

 

だけど、だからこそ大切なことだとも感じました。

 

医療機関や一般的な体調を身体だけの問題として捉えたり、症状を悪者として考える治療が合わなかった私には必要だった。

 

実際に体調も良くなり、精神面も変わって楽になってきたのも、この操体法やその考え、そして師匠に出会えたお蔭だと思っています。

 

地域唯一の操体法整体院

 

後ほど2016年〜2018年の間に、操体法の本場である仙台に通い、操体法創始者:故橋本敬三先生の晩年の直弟子である今昭宏先生、多次元操体法創始者:上川名修先に師事し学びました。当院は県内でも数少ない認定操体師が行う整体院となりました。

 

 

【最後に】不調は、生き方(人生)の転換期にやってくる

この仕事をしようと思った理由|入間市整体癒し処ゆうひ私自身、自己紹介で書いた通り、様々な不調やうつ病など不調のあるタイミングは何度もありました。

 

その中で今となって思うのは、

 

不調は、生き方(人生)の転換期にやってくる

 

ということです。

 

これは、整体の仕事をし始めて、色んなクライアント様を見させてもらっても思うことです。

 

 

なにか自分の気持ちを押し殺したり、自分が本当にやりたいことを無視して頑張り続けたり、生き方に無理が多くなってくると体に症状が出始めます。

 

これは大げさに聞こえるかもしれませんが、人生の軌道修正をしてるとも言えるような気がするんです。

 

 

たぶん、不調に悩む前のことを思い返してみると、あなたにも思い当たることがあるのではないでしょうか?

 

「自分を犠牲にしてまで、人を優先していたり」
「周りの人からは頑張りすぎと言われるけど、あなただけは自分の頑張りを認められてなかったり」
「自分の気持ちを無視して、常に自分を追い込んで、休む時間を作らなかったり」

 

そんな『無理』が結構ありませんでしたか?

 

あなたが苦しくなるような無理をし続けていると、体は症状や不調を出して、もっとあなたらしく自然で楽な生き方になっていくようにし始めます。

 

それが、今のあなたの抱えている体の不調が出る本当の理由です。

 

だからこそ、身体の声を聞いたり、心の声を聞いていくことが必要だと私は考えています。

 

一般的な整体院や病院と考え方は違うかもしれないけど

整体癒し処ゆうひ

長々と自己紹介文を書かせてもらって、ここまで読んでいただいてありがとうございます。

 

ここまで読んでいただいた方ならわかるかもしれませんが、私の考えは一般的な整体院や病院とは違うと思います。

 

それは、これまでの私自身の治らなかった経験から来ています。

 

その経験から、体の問題は体だけの問題じゃなくて、心の声も体の声も関係し合っているのが今ある不調だという考えに辿り着きました。

 

 

だからこそ、同じように「治そうとしても治らなくて悩んでいる人」や「今ある体の不調は、心と体の両方が関わっていると感じている人」、そして、「自分の気持ちを押し殺したり、自分を責めて苦しくなっている人」の体と心のサポートがしたいと思うようになったんです。

 

その為に、整体癒し処ゆうひという整体院を開業しています。

 

不調をキッカケに、これからは自分を大切にしたいと思っている人や自分らしく生きながら幸せを感じて生きたいという人を増やしていきたい!

 

そんな人たちが周りに増えていったら、私自身嬉しいなと思うんです。

 

転機の時は、いつも一人ではなかった。

そして私自身、あの辛い時期から抜け出せたのは、いつも誰かが周りにいてくれたから。

 

あなたにとって、私もそんな存在になれたら、それもまた嬉しいことだな〜と心から思います(^^)

 

もしこんな私と一緒に、今ある不調や自分と向き合い・寄り添っていきたいと感じてくれたら、ぜひ私と繋がってくださいね。

 

入間市整体癒し処ゆうひ知幸

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

 

整体癒し処ゆうひ

代表 佐藤 知幸

 

▼まずはLINEから繋がってみる▼

≪ID:@tomo9≫
☆『リラックスの4つのコツ』など30ページ弱の冊子(pdf)無料プレゼント中!

 

【場所】整体癒し処ゆうひ(専用の駐車場有)

住所:埼玉県入間市小谷田506-1

小谷田バス停から徒歩2分(西武池袋線の入間市駅からバス約13分)

※駐車場もございますので、安心してお車でお越しください

※周辺施設(時間Googleマップ参考)

 

三井アウトレットパーク 入間(車:10分)

ドン・キホーテ 入間店(徒歩:10分・車:5分)

ラウンドワンスタジアム 入間店(徒歩:10分・車:5分)

駐車場:砂利駐車場2台以上あり(院名プレート付)

 

【営業日程】

≪定休日≫日曜・水曜

≪営業時間≫

月曜:9〜15時(最終14時)

火・木〜土曜:9〜17時(最終16時)