ページ先頭へ

片頭痛とは? 入間ゆうひ整体院

脈を打つようなズキンズキンとした痛みが特徴の頭痛です。

 

痛む場所は、
こめかみから目のあたりにかけて痛みます。
人によっては、片側だけでなく両側のこめかみにも痛みが現れることもあります。

 

この発作を起こすと、頭痛が4〜72時間続きます。
心臓の鼓動が起こるときにあわせて痛みが出ます。(拍動性)
動いたりするとそれによって痛みが増すことも特徴の一つです。
仕事や家事での作業が出来ない辛い痛みです。

 

吐き気、嘔吐を伴ったり、光や音、臭いなどに過敏になってしまうことも多くあります。

 

その他の特徴として片頭痛は、
前兆のあるもの前兆がないものが存在します。

 

前兆のあるものの症状としては、
閃輝暗点(せんきあんてん)という視覚に対しての症状が見られます。

 

閃輝暗点とは、
目の前に光(形は様々)が現れ視野の一部が見えなくなる。
※以前経験したときはフラッシュのようなもので、次第に点が広がっていく感じでした。

 

前兆よりも前に、予兆として、
何もしていないのに肩がこったり、
気分が落ち込んだり、食欲がなくなったりする場合もあるようです。

片頭痛の原因とは?

緊張状態から解放された時に、頭痛が起こるというのが片頭痛の特徴でもあります。

 

緊張状態によって血管が収縮します。
緊張から解放されると血管が拡張しますので、
血管拡張に伴い近くの神経を刺激することになります。
その結果、脈に合わせて痛みが出るのです。

 

片頭痛を引き起こす原因としては、

  • 睡眠不足・寝すぎ
  • ストレスや疲労
  • 人ごみ、光、臭い

その他にも、女性の場合は月経に関係して起こることもあるようです。
食品によっても引き起こすものがあるのですが、個人差があるようなので、
片頭痛が起きる前に、必ず食べていたものがある場合は注意が必要かもしれません。

片頭痛の対処・予防

対処としては、
まず引き起こしている原因を避けることから行ってください。

 

引き起こす原因は個人で違うので、
何が切っ掛けで片頭痛が起きるのか、把握することが大切になってきます。

 

もし片頭痛になってしまった場合は、

  • 暗く静かな所で楽な姿勢で安静にする
  • 痛む場所を冷やす

 

これらをやってみてください。もし出来るのであれば、寝てしまった方が楽になります。
なってしまった時は、まず安静が第一ですので、緊張型頭痛と勘違いして、
血行を良くしよう!と動かないように注意してください。

 

 

予防としては、
先ほどと一緒ですが、まずは原因を避けましょう。

 

ビタミンB2とマグネシウムを取ると、予防にいいとされています。

 

緊張状態が長く続かないように、
頭痛のないときからリラックスするように心掛けてください。
片頭痛は特になる前が肝心ですので、不規則な生活をせず、
疲労をそのままほったらかしにしないようにしてください。

■留守番電話につながった場合

お名前・お電話番号を必ずに残してください。こちらから折り返しお電話いたします。

 

完全予約制1日10名限定【HP特典あり】今すぐお電話ください!》

『ホームページを見た』とお電話ください。

今すぐ電話⇒090-6190-6275

受付時間9:00〜17:00(日曜定休/不定休あり)

片頭痛−入間市ゆうひ整体院関連ページ

緊張型頭痛
群発頭痛