ページ先頭へ

坐骨神経とは 入間ゆうひ整体院

まずは症状を引き起こす坐骨神経について説明します。

 

坐骨神経は体内で最も長く太い末梢神経で、
腰の骨下部(第4腰椎)から下で分岐したいくつもの神経が1つになったものです。

 

臀部(お尻)と大腿部(太もも)の後ろ側を通って下へ行き、
脛骨神経と総腓骨神経に分かれて足先まで伸びています。

 

坐骨神経痛とはどんなもの

坐骨神経痛は、病名ではなく症状のひとつとなります。
何らかの原因により、坐骨神経を圧迫や刺激が加わることによって、
起こる痛み(太ももから足裏まで)を坐骨神経痛と言います。

 

 

原因として考えられるものは、

 

椎間板ヘルニアや変形性腰椎症などの病気によるものや、
筋肉による圧迫、老廃物が溜まったことによる神経への刺激、
あるいは寒さなどでも起こります。

 

 

症状としては、

 

安静にしていても、太ももから足裏にまで痛みやしびれを感じる。
身体を曲げたり、くしゃみをしただけでも、痛みを感じる事もあります。
足の不快感があったり、歩行障害などが出ることもあります。

 

激痛ではないので我慢してしまうことが多いのですが、
悪化してしまうことも考えられますので、くれぐれも我慢しすぎないようにしてください。

 

 

皮膚に近い所を通る神経ですので、下半身を冷やしたりしないよう心掛けて下さい。

 

 

入間市のゆうひ整体院では、全体の歪みの調整をし、
坐骨神経痛の原因となる、歪みによる神経の圧迫を改善していきます。

■留守番電話につながった場合

お名前・お電話番号を必ずに残してください。こちらから折り返しお電話いたします。

 

完全予約制1日10名限定【HP特典あり】今すぐお電話ください!》

『ホームページを見た』とお電話ください。

今すぐ電話⇒090-6190-6275

受付時間9:00〜17:00(日曜定休/不定休あり)

坐骨神経痛とは−入間市ゆうひ整体院関連ページ

腰痛の原因
腰痛の予防と対策−入間市のゆうひ整体院
ぎっくり腰