ページ先頭へ

腰痛の予防と対策|入間ゆうひ整体院

腰痛は、腰などの血流障害とお伝えしました。基本的に血流を改善すると腰痛は和らぎます。だけど時間がたつと腰痛が戻ってきます。そして、腰痛を繰り返すことになります。この状態を続けていると、慢性腰痛になってしまいます。

 

慢性腰痛になってしまっては、なかなか改善していきません。ですので、本当は、早いうちに腰痛の原因(血流障害)の原因をどうにかしなくてはならないのです。

 

腰痛の原因の原因を改善していくには、まず予防と対策を知っておくことが大切です。ご紹介していきますね。

 

腰痛の予防・対策=改善

※ここでは、慢性腰痛についての予防・対策を解説しています。急性腰痛(ぎっくり腰)の時とは、若干ことなります。

体を動かすこと

普段から体を動かすことを心がけると、血行が良くなります。腰痛時には安静にした方が良い!と思っている人がいますが、急性腰痛(ぎっくり腰など)以外は、安静にしないで、普段通り生活することが重要です。

 

慢性腰痛は特に、いつも安静にしていると血流障害につながるので、改善が遅くなります。本当にひどい時以外は、いつも通り体を動かす方が改善が早くなります。

 

腰の疲れを感じたらそのままにしない!

腰に負担をかける作業をおこなったりすることが悪いわけではなくて、その後、体のケアをしないことに問題があります。緊張した状態でそのままにしていると、筋肉・筋膜に硬さが残ります。

 

その状態では、腰回りの血行が悪くなり、結果として腰痛を引き起こす可能性が高くなります。日頃のケアがとても大切です。

 

心の余裕を作ってみる

実は、心の状態も腰痛に大きく影響してきます。どうしてかというと、体はストレスを感じたとき、ストレスから体を守るために、体を固める作用があります。そのため、筋肉の緊張を起こしてしまいます。

 

また、このような体の反応は自律神経が大きく関わっています。緊張状態(交感神経が優位)だと、修復のための体ではないので、疲れが残りやすくなります。

 

毎日、常に他のことを考えているという人は、意識的に考えない時間を作ってみてください。初めのうちは5分でもいいですので!

重要なのは生活習慣!

運動にしても、体のケアにしても大切なのは毎日の生活習慣です。痛くなってからやるよりも痛くなる前に対処しておいた方が、長く悩まずに済みます。

 

気をつけることは、

ゆったり呼吸すること
食事をバランス良く
適度に運動すること
偏った考え方を整えること

これが重要です。ゆったり呼吸することで、自律神経が整いやすくなりますし、食事のバランスを考えて食べると疲れ方が変わってきます。運動することにより血流障害を改善出来て、考え方を整えることで、ストレスが軽減されていきます。

 

これらを無理することなく、出来る範囲で取り入れていくことで、本質的に腰痛が楽になっていきます。

 

入間市のゆうひ整体院では、出来る範囲での生活習慣改善の提案と、体の緊張を解除して、体のバランスを整える整体&セルフケアを指導しています。

 

根本的・本質的改善を目指してやっていきます。

 

慢性腰痛をそのままにしていると、ぎっくり腰のリスクが高まります。次にぎっくり腰についてご説明します。

■留守番電話につながった場合

お名前・お電話番号を必ずに残してください。こちらから折り返しお電話いたします。

 

完全予約制1日10名限定【HP特典あり】今すぐお電話ください!》

『ホームページを見た』とお電話ください。

今すぐ電話⇒090-6190-6275

受付時間9:00〜17:00(日曜定休/不定休あり)

腰痛の予防と対策−入間市のゆうひ整体院関連ページ

腰痛の原因
ぎっくり腰
坐骨神経痛