ページ先頭へ

胸郭出口症候群とは? 入間ゆうひ整体院

まず、胸郭出口とはなんでしょう?
胸郭出口とは鎖骨とその下にある肋骨との間にあるトンネルを言います。
トンネルにもいくつかあり、首の筋肉の隙間(斜角筋)、肋骨と鎖骨の間、胸の筋肉と近くの骨の間(小胸筋)です。
そのトンネルの中を神経や血管が通っていて、何らかの原因により圧迫・牽引されると痛みやしびれが現れます。

 

症状としては、

首〜指の範囲で痛みやしびれを起こします。
あと、重く感じたり、だるさやこわばりが出たりもします。
鈍痛・冷感なども感じられることがあります。

 

手を上げる作業などで出やすくなったり、重いものを持つと症状が強くでる場合もあるようです。

 

トンネルの場所によって呼び方が変わります。
首の筋肉の隙間(斜角筋)?斜角筋症候群
肋骨と鎖骨の間?肋鎖症候群
胸の筋肉と近くの骨の間(小胸筋)?過外転症候群

胸郭出口症候群の原因とは?

斜角筋症候群(首の筋肉の隙間)は、
デスクワークなどで首に疲れが溜まり
首の筋肉が緊張状態となって神経や血管が圧迫されて症状が出る。

 

肋鎖症候群(肋骨と鎖骨の間)は、
姿勢によって肋骨と鎖骨の間が狭くなり、神経や血管の圧迫が起き症状が出ると言われています。

 

胸の筋肉を鍛えることでも、筋肉による圧迫がかかりやすくなるそうです。

 

いかり肩なで肩の姿勢によって、
胸郭出口症候群が引き起こされる場合もあります。

 

筋肉の緊張と姿勢の問題が大きいとされています。

 

このことから、筋肉の緊張を取る・姿勢の改善を行うことによって、
症状の軽減に繋がると考えています。

 

入間市ゆうひ整体院では、鎖骨・首まわりだけに囚われず、全身のバランスを整えていくことで、ツラい今の状態から解放していきます。

完全予約制1日8名限定【HP特典あり】今すぐお電話ください!》

『ホームページを見た』とお電話ください。

今すぐ電話⇒090-6190-6275

受付時間9:00〜17:00(日曜定休/不定休あり)

 

■留守番電話につながった場合
お名前・お電話番号を必ずに残してください。こちらから折り返しお電話いたします。