ページ先頭へ

整体は何に効くの?どんな効果・役割?

最近では、身近なところに整体院が出来たり、友達や知人で通っている人は増えていませんか?どんなことに効くのか。どんな効果があって、どんな役割を果たしているのか。簡単に説明します。

 

整体にどんな症状の人が来ているのか?

良く聞くのは、肩こり・腰痛ではないですか?肩こり・腰痛の方は実際に多くいらっしゃいます。

 

他には、

  • 首こり・頭痛・膝の痛み・手首や腕・肘や肩の痛み(四十肩など)
  • 手のしびれ・脚のしびれ(坐骨神経痛)
  • 自律神経系の症状(めまい・体のだるさ・睡眠障害など)生理痛・更年期

 

これらの痛みや症状で悩んでいる方が、整体院に来られています。

 

整体に通う人の共通点

初めから整体に通うという方はあまりいません。病院に行ったり、自分で出来ることを試したり、整骨院・鍼灸院に行ってみたり。それでも良くならずに悩んでいる!という方が最終的に整体院に行かれることが多いです。

 

そして、その方たちが良くなっているのか?どうなっているのかをあなたは知りたいんですよね?これについて正直にお話しします。

 

整体って本当に効くの?

正直に言いますよ…、
良くなる人もいれば、良くならない人もいます!

 

身も蓋も無い答えですみません(^-^;

 

でも、そうなのです。もちろん、その整体院の技量も関係しますし、症状によっても違います。ゴッドハンドと言われる先生であっても全ての方が良くなるわけではありません。

 

そもそも整体は痛みや症状を治す場所ではない?

整体って医療行為ではない

整体院によっては、『治します』と表現している所もあるので勘違いして覚えている人も多いのですが、整体は治療しているわけではありません。それにそもそも治療は出来ません。(法律によってもそう)

 

この整体の役割を理解してはじめて、何に効くか?どんな効果なのか?がわかります。

整体院の役割とは?

整体は治療ではないのですが、実際に、たくさんのことを試してきて変わらなかった方でも、整体で良くなっている人はたくさんいます。どうしてかというと、人の自然治癒力(自己治癒力)があるからです。

 

長く痛みや症状で悩んでいる人は、自己治癒力を邪魔する要因を抱えています。この状態で、他のことを試してきたとしても良くなりません。

 

整体は、この自己治癒力の邪魔をとってあげることが本当の役割です!

 

これを踏まえて、腰痛は治るの?肩こりは治るの?という質問に答えると、

 

治すことは出来ません。だけど、結果的に腰痛も肩こりも良くなりますよ!』と言うのが本当の答えです。

 

曖昧な答えに聞こえる人もいるでしょう。だから、前半を端折って説明している整体院が多いのかもしれませんね。

 

自己治癒力の邪魔をとってあげて、

治りやすい体にする!(自己治癒力を活かす)

 

これが本来の整体の役割なんですよ!

 

関連ページ

改善しやすい人の特徴

整体効果の出にくい人

整体院の選び方【予約前】

整体院の選び方【来院時】